デイリータロット:世の中に、ミスをしない人間はいません。

 

 

アンドリューです、

 

 

本日のタロットカードのリーディングをシェアします。

 

 

2月15日、本日のデイリータロットは、

 

 

ソードの3(逆位置)です。

 

 

f:id:marutime:20210215121538j:image

 

 

このカードのキーワードは、『痛み

 

 

目を背けたくなる現実への対応をあらわします。

  

 

カードの位置で、目の前の現実を

どう受け入れようとするのか、視ていきます。

 

 

今回の位置は、逆位置

 

 

 真実を拒否し、もがき苦しむ事になる暗示です。

 

 

ショッキングな出来事を受け入れられず、

現実から逃れたいという一心に陥ってしまいます

 

 

悪い妄想が、頭の中で広がり、妄想が妄想を

生んでしまう事になるでしょう。

 

 

これでは、心の整理がつかないので、

冷静さを欠いてしまう事になります。

 

 

しかし、知りたくない事を知ってしまい、

それを受け入れ難い姿勢が、今回の運気を

招いています。

 

 

まずは、気持ちの整理をつける事が、ポイントです。

 

 

平常心を失う状況になりやすいので、

被害妄想にならない意識をして、

徐々に受け入れる態勢を整える事が重要です。

 

 

現実から逃れている限りは、いつまでも、

負のループにハマってしまう恐れがあります。

 

 

そこから抜け出していくには、

自分の気持ちと向き合う時間を

作っていく事が大切になります。

 

 

今回のカードで感じる事は、心を整える事です。

 

 

スポーツの世界はもちろん、将棋や囲碁などの

世界でも、メンタルがとても重要になります。

 

 

対局の日程は、特には数日以上もかかり、

何番勝負と、同じ対戦相手と読み合いを

しながら、頭脳を働かせ、勝利を手繰り寄せていきます。

 

 

その中で、いい流れもあれば、自分に

不利な状況の時もあり、波があります。

 

 

その際に、「このままでは負ける…」と、

負の感情に陥って、チャンスを逃してしまう事も

あるのです。

 

 

仕事の世界でも、たった一つのミスで、

「終わった…」と落ち込む人がいますが、

 

 

世の中、ミスをしない人間はいません。

 

 

某有名な医療ドラマの名セリフに、

 

 

「私、失敗しないので」

 

 

という言葉がありましたが、現実的には、

その裏では、とてつもない試行錯誤の積み重ねで、

その言葉が自然に出るほど、スキルを高めたのです。

 

 

(職業柄、人の命が懸かっているという事もあると思います。)

 

 

バスケットボールの神様と呼ばれた、

マイケルジョーダンでさえ、100%シュートを

決める訳ではありません。

 

 

時には、試合の勝敗を、決定づけるシュートを外して、

何度も煮湯を飲まされた事もあります。

 

 

(一流のプロバスケットボール選手でさえ、

シュートの成功率は、半分にも満たないのです。)

 

 

その際に、たとえ、後で反省をしたとしても、

「外れたら仕方がない」と割り切るなり、

「次は決める」など、

 

 

いかに心を整理して、尾をひかずに切り替えるかが大切です。

 

 

結局は、その人の気持ちや考え方次第で、

目の前の状況の捉え方も変わります。

 

 

心を整える事で、ミスをしたとしても、

自分を責める事もなくなりますし、

精神的にも、平常心を保てる様になります。

 

 

その結果、次にチャレンジをする時に、

成功する確率を高める事もできますし、

 

 

反対に、失敗しても、レッスンとして、

学び変えていける事もできます。

 

 

痛みを感じた時は、私達が成長する機会です。

 

 

私も、痛い所を突かれた時は、

そこから心を整える為のキッカケだと、

前向きに捉えていこうと思います。

 

 

次回も、どんなカードが出てくるのか、楽しみです。

 

 

ありがとうございます。

 

 

アンドリュー

デイリータロット:心の声に素直になる!

 

 

アンドリューです、

 

 

本日のタロットカードのリーディングをシェアします。

 

 

2月14日、本日のデイリータロットは、

 

 

ペンタクルの5(正位置)です。

 

 

f:id:marutime:20210214124918j:image

 

 

このカードのキーワードは、『困難

 

 

物心、両方の欠乏を強くあらわします。

  

 

カードの位置で、追い込まれている、

その後の展開を、視ていきます。

 

 

今回の位置は、正位置

 

 

苦しい状況で困難に陥っている状態です。

 

 

アンラッキーで救いのない運気と出ています

 

 

孤立無援、よりどころとなるものもないので、

疎外感や孤独感で、気持ちが沈みがちになります。

 

 

貧乏クジを引く羽目になる可能性があるので、

ツキが回ってこないと感じるでしょう。

 

 

これは、頼れる人物がいなくて、居場所がないと

感じていたり、あなたの健康状態が良くない事から

起きている事が考えられます。

 

 

体の状態を整える事はもちろん、精神的に、

あなた自身を蔑むのをやめる事が、

 

 

運気の向上ポイントとなります。

 

 

カード的には、とてもタフな状況で、

泣きっ面に蜂の運気ではあります。

 

 

しかし、そこで、「自分はダメなんだ」

 

 

と、更に、鞭を打つような行為は、NGです。

 

 

外側で起きてしまった事は、

変える事は出来ないので、仕方のない事です。

 

 

しかし、内側で、あなたの心や思考は、変えられます。

 

 

環境がネガティブでも、あなた自身まで、

ネガティブな状態にする必要はありません。

 

 

今回のカードで感じる事は、素直です。

 

 

たとえ、私たちの周囲の環境がタフな状況でも、

自分のやりたい事や好きな事に集中するのが、

大切です。

 

 

例えば、コロナ禍で、多くの企業が倒産して、

経済も不安定な状態です。

 

 

そこで、私達が、「もうダメかもしれない…」

 

 

と、外側の環境に左右されて、

悲観的になる事はありません。

 

 

どんな状況でも、「自分がしたい事は何か?」、

 

 

と、私達の本心から、求めている事は何か、

それに素直になって、行動した方が精神的にも

ラクだと思います。

 

 

外側で変化が起きると、ほとんどの人は、

その状況に流されてしまう事が多いです。

 

 

その時に、周りに流されない、

私達自身をコントロールする事が大切です。

 

 

私達自身が、一番の拠り所なのです。

 

 

どんな状況でも、自分を卑下せずに、信じて、

心から求めている事を素直に行動できるといいですね。

 

 

私も、心の声を素直に聴いて、日々、行動していきます。

 

 

次回も、どんなカードが出てくるのか、楽しみです。

 

 

ありがとうございます。

 

 

アンドリュー

デイリータロット:大胆な行動の成否は、リサーチが鍵を握ります。

 

 

アンドリューです、

 

 

本日のタロットカードのリーディングをシェアします。

 

 

2月13日、本日のデイリータロットは、

 

 

ソードのナイト(正位置)です。

 

 

f:id:marutime:20210213104314j:image

 

 

このカードのキーワードは、『果敢

 

 

迷いなく進む心の強さをあらわします。

  

 

カードの位置で、その姿勢が吉と出るのか、

凶と出るのか、視ていきます。

 

 

今回の位置は、正位置

 

 

無駄のない、最短ルートで目標に突き進む状態です。

 

 

合理的で、情に流されない理路整然としています

 

 

状況が変化しやすい運気なので、

迅速なアクションかつ、ムダのないアプローチが

チャンスを呼び込む流れになっていくでしょう。

 

 

人との議論が、そのタイミングを生かせる形と

なるので、積極的なディベートや、テンポ重視の

コミュニケーションで、距離を縮めるといいでしょう。

 

 

しかし、きちんとしたい気持ちから、

不合理な状態を正そうと、好戦的な態度に

なってくると注意が必要です。

 

 

物事の展開の速さが仇となり、

相手への情を欠いてしまいます。

 

 

また、頭の回転が速いと、議論で相手への

リスペクトを欠いてしまうと、

言い負かす形になってしまいます。

 

 

その結果、過度なナルシストや身勝手な人物

という評判で、周囲の信用を落とす事になります。

 

 

その為、事前の情報収集や計画を立てた上で、

会話すると、求心力を得て、合理的に進めても、

周りからの協力が得やすくなるでしょう。

 

 

今回のカードで感じる事も、リサーチが大事です。

 

 

大胆な行動も、事前に、念入りに調べた上で、

効果的になっていきます。

 

 

ただの闇雲な行動だけをするのは、

繊細さと大胆がアンバランスな状態です。

 

 

例えば、ソフトバンクの創業者の孫氏は、

数年かけて、リサーチした上で、

日本の通信事業の歴史に残る大きな行動をしました。

 

 

(その間、徹底的にマーケティングや戦略などの、

念入りな準備に力を注いでいたそうです。)

 

 

無謀と言われる挑戦も、ほとんどは、

念入りなリサーチの積み重ねの結果ともいえます。

 

 

勢いや直感も大切ではありますが、

それを活かす為のリサーチ、

 

 

閃きやアイディアを形にする為には、

それを実現化する計画性が重要です。

 

 

私も、常に何かを行動する時は、

リサーチをして、準備をする事を

心がけていきたいと思います。

 

 

次回も、どんなカードが出てくるのか、楽しみです。

 

 

ありがとうございます。

 

 

アンドリュー

デイリータロット:一息つく時間を作ってみる!

 

 

アンドリューです、

 

 

本日のタロットカードのリーディングをシェアします。

 

 

2月10日、本日のデイリータロットは、

 

 

ソードの2(逆位置)です。

 

 

f:id:marutime:20210210144856j:image

 

 

このカードのキーワードは、『葛藤

 

 

複数の選択肢に対する、戸惑いをあらわします。

  

 

カードの位置で、決断を先延ばしにした後、

どういう展開になっていくのかを、視ていきます。

 

 

今回の位置は、逆位置

 

 

本質から目を逸らし、誤魔化している状態です。

 

 

口八丁手八丁で、その場のしのぎの対応になりがちです。

 

 

本来ならば、目の前にある現実を受け入れて、

先へ進む事で、次の段階に進む事が出来ます。

 

 

しかし、何かしらの妄想に駆られて、

目の前の現実と頭の中の空想を、

混同しそうになってしまいます。

 

 

その結果、自ら逆境へ進もうとする、

必要のない遠回りをする事になるでしょう。

 

 

大事なことは、目の前にある現実を受け入れる事です。

 

 

あなたの中の固定概念や被害妄想をする事で、

事態をより悪化させかねない状況でもあります。

 

 

まずは、目の前で起きている事実と

頭の中の妄想を区別する事がポイントです。

 

 

例えば、今回、コロナ禍の状況で、

 

 

私の住んでいる愛知県の感染者が、

1000人を超えたとします。

 

 

その時に、「やばい!もう買い物にも行けない!」

 

 

と感情的になると、被害妄想に駆られる

可能性が出てきます。

 

 

そこで、例えば、1000人を超えたとして、

具体的に、地域別に何人の感染者数が出ているのか、

名古屋市内は、どこの区が多く出たのか、

 

 

クラスター(集団感染)は起きているのか、

時間帯や年齢層など、客観的な事実を見てみるのです。

 

 

すると、対策や事前の予防策も浮かびますし、

仮に、外出しないという選択をしましても、

ネットや通販で購入するなど、

 

 

冷静に、現実を受け入れやすくなります。

 

 

そうしますと、今、自分の出来る事や、

最優先すべき大事な事も見やすくなるでしょう。

 

 

事実を見ていくという過程を大切にしてもらえばと思います。

 

 

今回のカードで感じる事は、「一息つく」事、です。

 

 

人は、ネガティブな状態になりますと、

呼吸も浅くなり、考える力も低下していきます。

 

 

すると、数万年の時が経っても、

私たちの脳に根付いている防衛本能が働き、

理性的な対応が難しくなります。

 

 

一言でいいますと、近所のワンちゃんや猫ちゃんと

同じの動物レベルになってしまいます。

 

 

そうなると、目の前の現実も受け入れる事も

難しくなります。

 

 

いわゆる、「闘争か逃走」(戦うか、逃げるか)

 

 

と、原始人の様なサバイバル本能に支配されてしまいます。

 

 

妄想に取り憑かれてしまうのも、

理性よりも、動物的な本能が優先されているからです。

 

 

これでは、冷静な考えや現実を受け入れて、

次の事を考えるなどの、思考を働かせる事は、

難しいでしょう。

 

 

そういう時は、呼吸をコントロールする事で、

一気に、冷静さを取り戻す事が出来ます。

 

 

「深呼吸」を、1分行うだけで、

全身の血流の巡りが良くなり、

脳にも血液が渡って、回復していきます。

 

 

例えば、スポーツの世界で、一流の

テニスプレーヤーは、激しいラリーの直後の

サーブを迎えても、

 

 

数十秒もない僅かな時間の中で、

呼吸を整えて、体を回復させ、長い時は

5〜6時間にもなる試合を戦うのです。

 

 

呼吸が浅くなると、血液が酸化し始め、

どんどん疲労も蓄積されます。

 

 

一流のテニスプレーヤーの様に体を酷使しなくても、

 

 

私たちは、イスに座るだけで、呼吸が浅くなります。

 

 

そのまま長時間座っていると、血液の流れも滞り、

脳が酸欠状態になり、気持ちも萎えてきます。

 

 

それを、イスから立ち上がり、背伸びをしながら、

深呼吸をするだけで、疲労リカバリーされ、

疲れにくい体になっていきます。

 

 

エコノミー症候群も、血液や酸素などが、

体の中を循環しない為に、起きる症状です。

 

 

大切なのは、ゆっくりと一息する時間を持つ事です。

 

 

たとえ、1分でも立ち上がって、

深呼吸をするだけで、本能の支配から解放されて、

あなたの理性で、主体的に物事を動かしていけます。

 

 

私も、つい長時間、パソコンと向き合っている事が

多いので、呼吸をする事の大切さを実践していきます。

 

 

あなたの成長や進化のキッカケになればと思います。

 

 

ありがとうございます。

 

 

アンドリュー

「水に流す」という言葉は、とても大切です。

f:id:marutime:20210208224900j:plain

 

 

アンドリューです、

 

 

別のブログで、恋人とお風呂のジタバタ劇を

お話していましたが、

 

 

marutime.hatenablog.com

 

 

今回は、霊的な面にフォーカスしてお話していきます。

 

 

「過去の事は水に流そう」

 

 

と、対立関係にある人物が、歩み寄りの為に、

この言葉が使われる事があると思います。

 

 

「水に流す」、という言葉は、お互いの間で、

起きた、いざこざやわだかまりをなかった事にする、

という諺です。

 

 

つまり、過去のトラブルで、悪化した関係を

リセットするという事になります。

 

 

元々の由来は、禊(みそぎ)からきたそうです。

 

 

罪がある人や、神事に参加する人が、

川や海、滝などの水に浸かって清める事からでした。

 

 

昔の時代劇で、願い事を叶えてもらおうと、

桶を使って、体に水を浴びせるシーンや、

滝修行をしている修行僧など、

 

 

水を使って、神事に参加する人がいます。

 

 

これは、実際の霊的な面で、

除霊や浄化のアプローチとして適切です。

 

 

水には、情報を流してくれる作用があります。

 

 

例えば、巷で月の占い師がよくおすすめする、

ムーンウォーターがあります。

 

 

これは、満月や新月に、ペットボトルの水に、

月光浴させて、水に月のパワーを与えます。

 

 

それを体内に取り入れる事で、

願い事を叶いやすくしたり、波動を高める…

 

 

と言われていますが、月に関しては、

眉唾な情報が多いので、あまり参考にはなりませんが、

 

 

水には、DNA、人間の遺伝子の様に、

細かい情報を組み込める作用があります。

 

 

(月に関しては、また別の機会に話していこうと思います。)

 

 

他にも、以前私が、養老の滝へ行った時に、

日本名水にも選ばれた、天然の水である、

湧水を飲んだ事がありました。

 

 

これも、これまでの数千年、数万年、数億年…

 

 

と、長年の時間をかけて、大地や地球、

星のパワーという情報が、組み込まれています。

 

 

本物の波動水を飲むと、かなり力がみなぎります。

 

 

また、特定の周波数の音を聞かせたり、

岩塩を入れて聖水にしたりと、

 

 

水の力は、実に、多種多様です。

 

 

逆に、塩素などの不純物を入れると、

マイナス方面に力が働く事もあります。

 

 

人間の体の7〜8割は、水分でできている様に、

私たちにとって、水はとても重要な存在です。

 

 

水を1週間飲まないだけで、命の危険がある程です。

 

 

それ位大切なので、水の活かし方はとても大切です。

 

 

今回は、水を浴びる事についてですが、

これは、私たちに憑いた情報を流してくれます。

 

 

例えば、上司にキツい言葉を浴びせられた、

嫌な事を言われた、疲労、フラストレーション、

悪霊に取り憑かれたなど、

 

 

様々な面で、水は、私たちに憑いた、

ネガティブなモノを流してくれるのです。

 

 

それは、自然から湧き出る様な湧水であるほど、

よりパワフルになっていきます。

 

 

天然の水である、波動水を浴びた事で、

長年、皮膚疾患だった人が、波動水

浴びた事で治ってしまった例もあるほどです。

 

 

もちろん、湧水を毎日浴びられるほど、

自然に囲まれた生活をしている人は

少ないので、水道水でも十分です。

 

 

私自身、よく、小さい頃から、足が痒くて、

掻きむしっていた時期がありました。

 

 

(出血するほど、掻いていました。)

 

 

それが、大人になって、温冷水の療法に

出会ってから、改善され、

今では、痒みも治まっています。

 

 

(これも霊的な影響が関係していて、

よく憑かれていたのだなと感じます。)

 

 

痒みが再発しても、すぐに温冷水を行えば、

収まっていくので、ステロイドの様な、

塗り薬とも、無縁の生活を送っています。

 

 

何か体の調子が悪かったり、精神的にダウン気味の時に、

「水に流す」という事を意識するだけでも、

 

 

落ち込んでいく事がなくなっていくと思います。

 

 

良い水を求める事は、とても良い事なので、

天然の温泉でしたり、湧水巡りをするだけでも

 

 

自然界のパワーが溢れるスポットへ行く事になるので、

かなりオススメです。

 

 

それが難しくても、コンビニやスーパーで

売っている、色々な天然水を飲み比べて、

自分に合ったものをテストするのもいいでしょう。

 

 

(私も、一時期、飲み比べのテストをしていました。)

 

 

何が起きても、綺麗サッパリと水に流せる様に、

水を浴びる習慣を、身につけていけたらいいですね。

 

 

私も、日々、この習慣を大切にしていきます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

アンドリュー